インプラントや歯周病治療は交野市の歯医者、牛嶋歯科医院

牛嶋歯科医院
初診の方へ
お問い合わせはこちら 電話番号

コラム

噛み合わせについて

みなさん、こんにちは。牛嶋歯科医院の院長、牛嶋です。

このコラムでは、歯科に関係ある情報を少しずつ公開していくつもりです。
時々、覗きにきてもらえると嬉しいです。
最初である今回は、知ってるようで意外と知らない「噛み合わせ」についてお話します。


噛み合わせは生まれた時から一定という訳ではなく、年齢と共に変化していきます。
噛む筋力が弱くなったり、歯がすり減ったり、顎関節が変化したりという変化で、自然に変わってきます。
この時に、噛むバランスが崩れてしまうことを「噛み合わせが悪くなる」と言います。

噛み合わせが悪い方は、噛み合わせが良い人に比べると虫歯になりやすい傾向があります。
歯に付着した汚れは歯がぶつかり合うことだったり、食べ物を噛むことで落ちたりします。
しかし噛み合わせが悪いと、歯同士のぶつかる部分が少なくなるため、
汚れが落ちにくくなり、その結果虫歯になりやすい環境ができていますのです。

さらに噛み合わせが良くないことは、頭痛や肩こりの原因になることもあります。

噛むときに使っている側頭筋という筋肉があります。
これは顎の関節から頭の横部分につながっています。噛み合わせが悪いことで
側頭筋が緊張して、その結果頭痛を引き起こすと言われています。

もうひとつ、広頚筋という首から肩にかけてつながっている筋肉があります。
噛み合わせが悪いことで、この筋肉のバランスが悪くなって肩が凝りやすくなるのです。

このような変化も一気に起きれば気づけるのですが、
何年も時間をかけて悪くなっていく場合には、
なかなか本人では気づけないものなのです。

もちろん噛み合わせは、矯正などの方法で改善が可能です。

頭痛や肩こりなど、思い当たるふしがある人は
ぜひかかりつけの歯医者さんのところで相談してみてください。
あなたが「体質だから…」とあきらめている不調を治せるかもしれませんよ。

Copyright ©交野市の歯科医院 牛嶋歯科医院 All Rights Reserved.